小児歯科

東芝ビル大矢歯科ではお子様の治療をこう考えます

小児歯科

大人ですら歯医者が怖いという方は多いと思います。お子様ならなおさらです。東芝ビル大矢歯科ではまず、「歯医者さんって怖い」というイメージを取り除くために、緊急の場合をのぞいて、まずは歯医者さんに慣れてもらってから無理のないように治療を進めていきます。

「歯医者さんって怖い」というイメージをなくすために

小児歯科

子供の時に無理やり治療を行ってしまうと、恐怖心はなかなか大人になっても消えることがありません。そうすると「歯医者=怖いところ」とインプットされて しまい、その後の歯の健康に大きく影響を与えることになりかねないからです。私たちは、お子様の歯科治療に対して次のようなステップを踏んで治療を進めてまいります。

その1 お子様の恐怖心を取り除きます

歯科恐怖症まずは治療の椅子に座れるようになることから始めます。

そして治療で使う器具を実際に見てもらい、お水を出したり、吸引管を触ってもらったりすることで、決して怖いものではないのだ、ということを分かってもらいます。

何をするのか分からないものがお口に入ってくることほど怖いものはないからです。そしてゆっくりとステップをふみ、自信をつけて頂きながら、無理のないように治療に入っていきます。

その2 お子様の目線に立って治療します

歯磨き指導(TBI)お子様の年齢に応じて、お子様が理解しやすいような言葉を選びながら治療の説明をいたします。

お子様にも理解・納得していただいてご本人の協力が得られたほうが断然治療がスムーズに行くからです。

その3 付き添いの方もご一緒に

付き添い診療付き添いの方も、ぜひお子様の治療に同席してください。

お子様がどのような治療を受けているのかを実際に見ていただきたいということと、乳歯、永久歯の役割などの知識をお子様とご一緒に学んでいただけることが大事なお子様の歯を守ることにつながるからです。

その4 必要に応じて「小児矯正」のご提案

小児矯正小児矯正は咬合誘導(こうごうゆうどう)とも呼ばれており、乳歯から永久歯に生え替わっている段階で、歯並びが悪くなる兆候を見つけたら早めに顎の成長に合わせて歯並びを整えていく治療です。

もしも歯並びが悪くなる兆候が見られた場合は早めに咬合誘導の提案をさせていただいております。

全て永久歯に生え替わってから行う矯正治療と比べて次の利点があります。

咬合誘導(小児矯正)のメリット

・歯を間引かずに歯を並べることができる
・器具が歯の表面につかないので目立たない
・並んだ後の後戻りが起こりにくい
・治療費がリーズナブル

sample

大事なお子様を虫歯菌から守るために必要な2つのこと

  • 感染源をなくしましょう

    虫歯の感染虫歯の原因菌であるミュータンス菌は周囲にいる人から子供にうつることが分かっています。

    主に1歳半くらいから2歳半くらいの間にスプーンの共有や口うつしなどで感染すると言われています。

    ですから、周囲の大人が自分自身のお口を清潔にし、虫歯の治療をきちんとしておくことによって、お子様への感染を極力防ぐことができます。

  • 虫歯に負けない歯をつくりましょう

    歯質の強化お子様の歯を虫歯から守るもう一つの方法は、「虫歯に負けない歯をつくる」ことです。

    虫歯菌はほぼ全員が保菌しているので、虫歯菌に負けない強い歯質を作ることが虫歯予防に最善の手段となります。

    そのために当院では親御さまに以下の3つのキッズケアをオススメしています。

子どもの歯質を強化するための3つのキッズケア

歯磨き指導(TBI)

歯磨き指導(TBI)歯を守るために歯磨きは欠かせません。しかし間違った方法でやっていては、せっかくの歯磨きも無意味になってしまいます。

歯磨き指導では、肉眼では見えにくい歯の汚れを、赤い染め出し液で染め出し、お子様に実際に汚れの取れていない場所を確認してもらいながら、正しい磨き方を楽しんで練習していきます。

歯の弱点を守るシーラント

シーラントで虫歯予防

シーラントをしないと虫歯に

6歳になると、一番奥から大きな永久歯が生えてきます。この永久歯を6歳臼歯とよんでいますが、生えかけ、また生えたての歯はまだ質が弱いということと、また溝が深いため歯ブラシが届きにくく、非常に虫歯になりやすいという弱点があります。そこでその溝を虫歯予防効果のある材料であらかじめ埋めてしまい、虫歯になるのを防ぐことができます。

歯を強くするフッ素

フッ素フッ素は歯を強くします。また、初期虫歯を再石灰化といって、虫歯にならないように修復してくれる作用もあります。

家庭でお使いのほとんどの歯磨き粉にもフッ素は含まれていますが、ごく微量ですので、乳歯や生え替わったばかりの弱い歯を守るためには、歯科医院で高濃度のフッ素を定期的に塗ることをお勧めしております。

浜松町で小児歯科をお探しの方はぜひ当院までご相談ください

小児歯科

東芝ビル大矢歯科では、お子さまの大切な乳歯、永久歯、歯列を正常な状態に保つために親御さんとお子さまと二人三脚でがんばります。ぜひ、お気軽にご相談ください。