虫歯・歯の神経治療

痛くない、怖くない虫歯の治療

痛くない虫歯治療

歯科治療といえば「痛い、怖い」というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。大人でも歯医者を怖がる方はいらっしゃいますね。しかし、そのイメージは今では過去のものとなっています。医療技術の進歩に伴い、現在では、患者様に痛みを感じさせることのない歯科治療が当たり前になっているのです。

東芝ビル大矢歯科では、患者様に痛みや怖さを感じさせない治療にこだわり、いつでもストレスなく治療を受けていただくことを心がけています。事実、多くの患者様から「歯医者は怖いと思っていたけど、東芝ビル大矢歯科は全然怖くなくてよかった」といったご感想を頂戴しております。

東芝ビル大矢歯科発・痛みの少ない虫歯治療とは

4つの無痛アプローチ

虫歯治療は痛みを伴うもの……。そんなイメージを打ち破るべく、東芝ビル大矢歯科では主に4つの工夫からなる無痛治療の取り組みに努めています。痛みをまったくゼロにすることはできませんが、治療を開始する前、治療中、そして治療後に至るまで、なるべく患者様が痛みを感じることのないよう、日々技術を磨いております。当院がどのように無痛治療を実践しているのか、その4つのアプローチをご覧ください。

sample

  • 麻酔の手順による無痛の工夫

    表面麻酔注射による麻酔は、実際の痛みもさることながら、見た目の怖さも大きいもの。しかし、ご安心ください。東芝ビル大矢歯科では、注射の前に、塗るタイプの麻酔薬を使って歯茎の感覚をマヒさせ、その後に麻酔注射を行うという手順をとっています。これにより、痛みも怖さも最小限に抑えることができます。

  • 麻酔針による無痛の工夫

    超極細(33G)の麻酔針塗るタイプの麻酔で歯茎をマヒさせているとはいえ、注射針が太ければ痛みも大きいものです。そこで、東芝ビル大矢歯科では、「33ゲージ」と呼ばれる超極細タイプの注射針を使用しています。これは現在使われている歯科麻酔針の中で最も細いものです。これにより、注射時の痛みを極限まで軽減しています。

  • 麻酔法による無痛の工夫

    こだわりの麻酔法麻酔注射の痛みの有無は、歯科医師の技量にも大きく影響されます。東芝ビル大矢歯科では痛くない麻酔の打ち方に徹底的にこだわり、ただ針を刺すのではなく、歯茎の粘膜を針の上に持っていくという考え方で注射を行っています。実は、この注射の打ち方こそが、患者様に痛みを感じさせない麻酔の工夫の最たるものなのです。

  • 低侵襲治療による無痛の工夫

    マイクロスコープ低侵襲治療東芝ビル大矢歯科では、患部を細かく観察できるマイクロスコープを導入し、治療で削る面積を可能な限り小さくすることを可能にしています。患部の面積を小さくすることは、もちろん痛みを抑えることに繋がります。このマイクロスコープを使用している歯科医院は、未だ全体の5%しか存在しないのです。(マイクロスコープについて詳しくははこちらから

東芝ビル大矢歯科式・歯をなるべく削らない虫歯治療

削らない虫歯治療

従来の虫歯治療といえば、とにかく歯を削って虫歯を治すという発想でした。しかし、東芝ビル大矢歯科では、患者様に自前の歯を大事にして頂きたいという考えから、なるべく歯を削らない形での虫歯治療を心がけています。歯を削らない治療には、以下に示すように多くのメリットがあります。

  • 患者様自身の自前の歯をなるべく健康な状態で残すことができる。
  • 歯に詰め物を入れる場合でも、自前の歯の色に近く、自然な仕上がりにすることができる。
  • 治療に金属を使用しないため、金属アレルギーの方でも治療を受けられる。
  • 歯を大きく削って詰め物を入れる場合と比べ、安価な治療費で治療を受けられる。

歯を削らない虫歯治療のために当院が行っているアプローチには、大きく「レーザーによる治療」と「マイクロスコープによる治療」の2つがあります。

虫歯組織だけを除去するレーザー治療

レーザー治療従来の虫歯治療は、タービンで虫歯の部分を削って治すというものでした。しかし、この方法では、虫歯の周囲の健康な歯の組織も同時に削ることになります。また、見た目にも怖く、患者様が歯科治療を不安がる原因の一つとなっていました。

レーザーによる治療なら、虫歯組織に含まれる水分に反応し、虫歯の部分だけを除去することができます。タービンによる治療とは異なり、周囲の健康な部分を一切傷つけず、虫歯だけを除去することができるため、治療後に埋める詰め物の面積も小さくなります。(レーザーによる虫歯治療について詳しくはこちらから

低侵襲治療を実現するマイクロスコープ

マイクロスコープ治療先述のように、当院ではマイクロスコープを用いて患部を細かく観察することにより、削る面積を従来よりもずっと少なくする「低侵襲治療」に努めています。

従来の治療法では、健康な歯の組織と虫歯組織を歯科医師が肉眼で判別しており、どうしても虫歯の面積よりも大きく歯を削ってしまうことがありました。

しかし、マイクロスコープの導入により、健康な部分と虫歯の部分の微妙なグラデーションをはっきりと視認することができるようになり、低侵襲治療が実現したのです。(マイクロスコープについては詳しくはこちらから

虫歯を抜くか抜かないか!?根管治療(歯の神経の治療)とは

根管治療

虫歯が歯の奥深くまで達し、神経に痛みを生じるようになると、歯に麻酔をかけて神経を抜いてしまう「抜髄(ばつずい)」という治療が必要になってきます。神経が詰まっている歯の根の管を「根管(こんかん)」といい、神経を取り除いた後には、根管の内部を消毒し、薬で詰めて塞いでしまう「根管治療」を行うことになります。

神経を取った後の根管の清掃の大変さ

根管治療根管を薬で埋める際に、もし根管内の消毒が完璧にできていなければ、根管内に残った細菌によってさらにひどい症状を再発してしまうこともありえます。

ですから、根管治療では、神経を取り除いた後の根管内を完璧に消毒する必要がありますが、根管の中は複雑に枝分かれしており、万全な治療は大変難しいと言われています。

これを防ぐためにも、東芝ビル大矢歯科が推奨するマイクロスコープ治療が有効です。

マイクロスコープによる精密根管治療

マイクロスコープ治療マイクロスコープを使用しない従来の治療法の場合、根管治療後の虫歯の再発率は80%以上とも言われています。

東芝ビル大矢歯科が推奨するマイクロスコープ治療では、狭く複雑な構造の根管の中をマイクロスコープで確認し、きわめて高精度な根管の清掃・消毒を行うことが可能です。

せっかく治療した虫歯が再発してしまわないよう、根管治療の際にはマイクロスコープを使用した治療を選択させることを強くおすすめします。(マイクロスコープについては詳しくはこちらから

浜松町で虫歯治療をお探しなら東芝ビル大矢歯科へ

虫歯の保存治療

上記のとおり、東芝ビル大矢歯科では、痛みや怖さを最小限に抑えつつ、可能な限り患者様の自前の歯を保つ形での虫歯治療に努めています。浜松町で虫歯治療をお探しの方は、ぜひ一度東芝ビル大矢歯科までご相談ください。