無痛治療

痛みを抑えた治療をご提供できます~歯医者嫌いの方へ~

痛みを抑えた治療

歯医者さん嫌いの方に朗報です。おそらく、歯医者さんが嫌いな理由は「痛いから」「怖いから」のどちらかでないでしょうか?東芝ビル大矢歯科では、歯科恐怖症の方に対して「無痛治療」をオススメしており、痛みに敏感な方に好評をいただいております。「なぜ痛くないのか?」ご説明させていただきます。痛くない歯医者をお探しの方、必見です!

「東芝ビル大矢歯科式 歯科治療」のご紹介

4つの無痛アプローチ

東芝ビル大矢歯科では、歯科治療における痛みに対して、4つの観点から無痛対策を行なっております。まったくの無痛で歯科治療を完了させることは不可能ですが、治療前、中、後において、できるだけ痛みを抑えるための4つのアプローチをご紹介します。

sample

  • 表面麻酔の使用

    表面麻酔まず、1番怖いのが注射ですよね。針を刺すわけですから、痛いに決まっています。でもご安心ください。当院では、まず表面に塗るタイプの麻酔を塗り、表面をマヒさせて注射することで、ほぼ痛みを感じなくさせています。

  • 超極細(33G)の麻酔針

    超極細(33G)の麻酔針表面麻酔で歯ぐきがマヒしているところに注射を打ちますが、いくらマヒしていても太い注射をすれば痛みを感じます。当院では、現存する歯科麻酔針の中でもっとも細い33ゲージという超極細針を使用し、刺した時の痛みを最小限にしています。

  • こだわりの麻酔法

    こだわりの麻酔法麻酔の打ち方は、もっとも重要な部分です。何も考えず麻酔を打つと痛みが生じやすいですが、「針を刺す」ではなく、「針に粘膜をもっていく」という感覚で刺します。この違いは、大きく痛みを軽減させる麻酔の打ち方の極意といっても過言ではありません。

  • マイクロスコープ使用の低侵襲治療

    マイクロスコープ低侵襲治療当院では、歯科医院全体の5%しか導入していないマイクロスコープを使用して、削る面積を極端に少なくすることができます。痛みの大きさは治療面積に比例しますので、低侵襲治療=無痛治療に繋がります。
    マイクロスコープについて詳しくははこちらから

痛くない歯医者をお探しの方は東芝ビル大矢歯科にご相談ください

痛みを抑えた治療

このように、東芝ビル大矢歯科では、痛みを抑えた歯科無痛治療を受診することができます。歯科恐怖症の方に「こんなに痛くないなら早く来ればよかった」とおっしゃっていただくことも多くありますのでご安心してご来院ください。また、早期治療は最高の無痛治療となりますので、できるだけ早い受診をオススメします。