技工所併設(院内技工所)

クリニック内に歯科技工所を併設しています

歯科技工所

東芝ビル大矢歯科は、歯科技工所を併設しています。一般の歯科医院では外注になる歯科技工物(つめ物や被せ物、入れ歯など)を内製で作っています。技工所を併設することでクリニックのスペースを取ることとなりますが、技工所を併設することで患者様にとって様々なメリットがあるため併設しております。

歯科技工所ってなに?

歯科技工所歯科技工所は、銀歯、セラミックなどのつめ物や被せ物、入れ歯などの歯科技工物を作る工場のことです。

技工物を歯科医師が作っていると思われるかもしれませんが、実は、歯科医院の役目は型とりだけ。一般の歯科医院ではこの型を技工所に郵送し、専門の職人さんに技工物を作ってもらって、送ってもらっているのです。

しかし当院ではこの工場を併設し、専任の歯科技工士という熟練の職人さんをクリニック内に常駐させ、院内で内製(郵送せずその場で作っている)しています。

技工所併設による患者様のメリット

歯科技工所

歯科技工所を併設させ、歯科技工士がクリニック内に常駐することで、患者様だけでなく歯科医師にとっても「短納期・精度向上・よりキレイに」というメリットがあります。具体的にご説明します。

  • 型を郵送せずその場で手渡しするので、技工物の納期を短くできる(患者様に早く提供できる)。
  • 当院専属の技工士なので、いろんな歯科医院の技工物の中の1つとして処理されない。
  • 技工士が直接患者様の型とりや色合わせに同席できるので、技工物の精度が上がる。
  • 技工士から歯科医師へ直接の依頼や相談、研修会などを行うことができ、精度の向上に繋がる。
  • 歯科医師のレベルアップにも繋がり、特に仮歯の精度が高くなり、患者様に満足していただける。

ひとつひとつ、心を込めて、お届けします

歯科技工所

東芝ビル大矢歯科では、職人である歯科技工士、歯科医師が切磋琢磨できる環境を作ることで、つめ物、被せ物などの本番の補綴物はもちろんのこと、仮歯からこだわって製作しております。ぜひ、ご安心していただき、お気軽にご相談下さい。